暮れの風物詩

暮れの風物詩はいろいろありますね、大仏さまのすす払いに、上野アメ横の買い物風景・・

ラジオにも、暮れになると必ず落語やります。それも「芝浜」と言う落語。そんなにはくわしくないですが、よく聴くので今回の記事は、落語を一席紹介しましょう。

腹黒亭にりん とでも呼んでもらいましょうかね~それではチャカチャンリンチャンリンデンデン

芝浜

腕のいい魚屋の魚文(うおぶん)としっかりものの女房のお話
この魚文、めっぽう酒好きで酒癖が悪く働かない
ある日女房に朝早くたたき起こされ魚がしへと向かう。しかし、まだ早く着たせいでまだ問屋は開いてなかった。しかたなく波打ち際で顔を洗おうとすると、大金の入った財布を拾う。慌てて家に持ち帰り、みんなを呼びどんちゃん騒ぎ。
一夜明けてみると、財布はない。女房は夢でもみたんじゃないのかい?
と知らん顔。さすがに夢と現実の区別がつかないことに、
心入れ替え、酒を断ち仕事に専念する。もともと腕はよかったので、3年もすれば店も構えるようになった。

そしてその年のおおみそか
除夜の鐘が「ご~ん、ご~ん・・・・」
お茶をすすりながら、そこで女房はあの時の財布をみせる。
実は、あれは夢じゃなく、ほんとうだったんだよ。大家さんに相談して、お上に届けて一年たってはれて自分のものになってたんだけど、元のお前さんに戻るんじゃないか心配で言い出せなかったんだよ。ごめんなさいね~
いや、誤るのは俺のほうだ。もしあのとき金をつかってたらすぐ無くなってたし、お上にばれてたら、打ち首もんだ。
「ご~ん、ご~ん・・・・」年が明けたね、めでて~な。
お前さん、3年ぶりに飲むかい?おおそうかい、いいのかい?お酒を口元までもってきて
いや、やめとこ!夢になるといけね~

落語にも、こんな人情話もあるのですよ。機会があればどうぞ本物きいてみてください
[PR]
by nirinsou394 | 2006-12-25 21:58 | よもやま話 | Comments(22)



にりんサンタから皆様にプレゼント贈ります

一年間お世話になりました
[PR]
by nirinsou394 | 2006-12-21 13:31 | 仕事 | Comments(20)

納会

昨日少年野球の納会でした。午前は、親子ソフトボール大会で 午後は所かえて式典です。
今年になってチームに入り「納会」というものを始めて参加しました。
一年間の納めの納会と言う意味もありますが、また6年生にとっては、卒団式でもあったのです。

息子のいる3,4年生のチームの上に 5,6年のチームがあります。練習も同じではないし
試合もみることもなかったのですが、強いチームでいつも決勝まで残り 何度も優勝はしていたんですが、残念なことに「西武ドーム」にいくことは出来なかったのです。

6年生の 思い出を綴った作文を読んだり、監督さんが一人ずつ賞状渡して思いで語る場面では、監督さんは勿論のこと両親たちもウルウル(T_T)で 感動的でした。

少年野球に接するまでは 子供達だけの世界のことと思っておりましたがとんでもない。親が熱心じゃないと成り立たないものなんですね。親もいろんな思いがあればこそ涙が流せるのかもね。

残念なことに、新6年生は一人だけになってしまうため、
息子のいる下のチームに合流せず他チームに入団します。
ということで来年度は、息子のるチームは 5年生で6年生相手に戦わなければなりません。かなり力の差がでるでしょう。勝つことは出来ないでしょう。
でもいい経験はできるはず、先につながる負けであってほしい。
[PR]
by nirinsou394 | 2006-12-18 19:26 | 少年野球 | Comments(10)

フットデトックス初体験

駅前に、整体と岩盤浴の店がオープンするとのチラシ配ってた

まだオープン前で、お試し料金でできるらしいので入ってみることに

男性は整体で、女性には流行のゲルマと岩盤浴ができるらしい。
長年肩こりとつきあてるもんでついつい気になってしまう。

そこで、フットデトックスができるということで、初体験してみました。ようは足湯で、そこに足つけながら電流を体に流し、足裏から体内の毒素を出すものらしい。人によってその出た毒素の色が違うとのこと。
ソファに腰かけ、足をつけ 壁にあるテレビには海の映像が流れ、耳にはヘッドフォンで波の音を聴きながら、うとうと20分間。。。。。。

目を覚ましてビックリ!  真っ黒!!(決して腹黒じゃないぞ)
お姉さんの話では、脂肪の取りすぎかもしれないですね~とのこと・・・・ま、それは体系でわかるような気もするが

真っ黒のもの見せられたらあまり気分のいいもんじゃないな、マッサージだけでいい
[PR]
by nirinsou394 | 2006-12-08 12:47 | Comments(27)

今年の最終戦

昨日が、今年最後の試合でした。ここのところいろんな大会がありずっと試合がはいってました。ここ数試合、チームとしては打てないし、エラーも目立ち、精彩のない内容ででしたが、最後になってようやく本来のつながりのある打線で、なんとか勝つことができました。

我が息子は、チームに入っていきなり訳わからないうちに、3塁打打って、野球ってちょろいもんだと思った?かもしれないが、やはり世の中そんなに甘くなく、やればやれるほど打てなくなり、
泥沼状態でしたね。それで新聞紙丸めてボール作って、トスバッティングをガレージで練習してました。・・・・・なんせ狭い家なもんで、壁にバット当たって破壊されましたが。。。。。
それできのうは、2打席回ってきて、2回とも内野ゴロだったが、芯でとらえることできてましたね。

「今まで振り遅れてたけど、ちゃんと振り切れてた。あれでいい、練習は裏切らないだろ」
なんて言葉かけたら、「うん。。。バットに当たらなかったときは、ほんと泣きたいぐらい嫌だった」
いままで、いつもヘラヘラ笑っているような子だったが、かなりプレッシャー感じてたんだな
本音を始めてもらしました。

ひとつ、成長した息子の姿みれたかな~
[PR]
by nirinsou394 | 2006-12-04 12:49 | 少年野球 | Comments(13)

おこしやすぅ~ にりんでおま