ありがとう

昨日 8月17日 我が家の優 永眠いたしました

あまりにも 突然で 暫くたってから悲しみが
おしよせてくるのでしょうね

15日の夜に エアコンかけているにもかかわらず 息が荒く 寝られない様子で 翌朝、仕事が休みだった娘と、朝一番で病院に連れて行きました

肺に水が溜まっていて危険な状態です。

病院に預けて 一旦帰宅

お昼前に 病院より電話があり おそらく入院したことにより ショック状態に陥り 肺の水を吐き 一度心臓も止まったので 来てください


駆けつけた時には 酸素マスクで 意識あるのかないのか判らない状態でした
娘と優の身体擦りながら 呼びかけてるうちに
徐々に 反応し

おうち帰ろうね

その言葉に 酸素マスクを嫌がり 立ち上がりました
それから、脈も安定してきて 強心剤が効いてきたようです

ここでまた 優を一人預けるのは忍びなく
一旦帰宅させることにしました

うちまで車で10分程です

うちに帰るんだ! その思いで頑張っていたのでしょう

うちに着いた途端に力尽きました
c0092803_05410040.jpg


帰ったよ 頑張ったね

私が抱いたときに 優がうめき声を漏らしてましたが 私には

ありがとう そう聞こえました


車で病院に向かう途中だったでしょう
最期は 大好きな娘の膝の上で 娘に抱かれながら 静かに 安らかに息絶えました


ほんとうに 行儀のいい子で 最期まで
煩わせることなく あっけない程に逝っちゃったね

優しい目をしてるところから 娘が名付けた優


優と過ごした15年
いつも家族の中心にいたね

どれほどみんなを癒してくれたか

どれほどみんなを愛してくれたか


ほんとうに ありがとう



[PR]
by nirinsou394 | 2015-08-18 04:29 | | Comments(0)

おこしやすぅ~ にりんでおま